原因

しわができる人、できない人|一体何が違うの?

 

 

「しわができる人とできない人って何が違うんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

ちゃんとスキンケアしてるのに、肌に気を遣ってなさそうな友達の方が肌がキレイだったりすると、「何で?!!」ってなりますよね苦笑

 

そこでここでは、しわができる人とできない人は何が違うのか?についてお話していきたいと思います!

 

 

しわができる人・できない人

 

 

乾燥肌

 

オイリー肌の人と比べると、乾燥肌の人はやっぱりシワができやすいです。

 

水分をキープする力が弱いので、乾燥した空間にいるとすぐ小じわができたり、シワっぽくなってしまいます。

 

でも、オイリー肌の人はシワが出来にくいぶん毛穴が詰まりやすかったりします。オイリー肌なら良いということでもないんですよね。

 

「乾燥によるシワ」ができやすいのは圧倒的に乾燥肌の方ですが。

 

 

骨格・顔立ちの違い

 

しわが目立ちやすい顔立ちというのは確かにあります。

 

目が大きい人や、顔のパーツが1つ1つ大きくてハッキリしている人は、そうでない人に比べてシワが目立ちやすくなります。

 

派手な顔の方が、老化が目立ちやすいという事ですね。

 

 

皮膚の薄さ

 

皮膚が薄い人は、そうでない人に比べてシワ・たるみができやすくなります。

 

皮膚が薄いということは、ハリを保つための「コラーゲン」やうるおいを保つための「保湿成分」も肌の中に少ししかないですし、紫外線にも弱いからです。

 

 

肌の色

 

肌が白い人は、そうでない人と比べてメラニンが少ないので、紫外線に弱くシワもできやすくなります。

 

紫外線をあびたときに肌の内部を守ってくれるガード的存在が少ない(弱い)ので、そのぶん紫外線のダメージをまともに受けてしまい、老化もしやすくなってしまうんですね。

 

色白だとキレイに見えますが、ちゃんと紫外線対策をしないとシワ・たるみが出来やすい肌でもあったのです。

 

 

生活習慣

 

不摂生を繰り返していたり、食生活が乱れていたり。生活習慣がめちゃくちゃだと肌のターンオーバーが乱れるので、シワもできやすくなってしまいます。

 

寝ている間に肌は再生されるので睡眠はたっぷりとって、肌の材料になる栄養素もしっかり摂取するのが1番ですね。

 

それがなかなか難しいんですが、できるだけ意識していきたいですね!

 

シワの見当たらない美肌のために、ここはひとつ頑張りましょう^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です