顔のたるみ

顔がたるむ3つの原因|徹底的に防ごう!

 

 

年とともに顔がたるんできた。

 

アラサーにもなれば、ほとんどの人が何かしら老化サインを感じるはず。

 

そもそも、なぜ顔はたるむのでしょうか?ただの老化のこともあれば、普段の習慣によって顔をたるませている可能性もあります。

 

顔をたるませる原因について順番にみていきましょう。

 

 

 

顔がたるむ原因

 

  1. 肌のコラーゲン減少

 

顔がたるむのは、加齢によって「肌のコラーゲンが減った」ことが原因です。

 

コラーゲンは肌のハリ・弾力を支えている弾力成分ですが、25歳くらいから量が減ってしまいます。

 

弾力成分が少なくなると肌にハリがなくなってくるので、重力に負けて顔がたるんでしまうんですね。

 

 

2. 筋肉の衰え

 

顔のたるみは肌だけに原因があるのではありません。

 

顔の筋肉が衰えると、肌や脂肪を支えきれなくなってたるむこともあります。

 

顔の筋肉も、体と同じように使わないでいると衰えていくのが普通なんですね。

 

さらに最近では、スマホやパソコン、ネットの普及で人と話さなくても生きていけるようになったこともあり、顔の筋肉が衰えやすい環境ができてしまっています。

 

無表情のまま過ごすと顔の筋肉はどんどん衰えていくので、顔のたるみが進行してしまいます。

 

 

3. むくみ

 

意外かもしれませんが、顔のむくみは「たるみ」の原因になります。

 

顔がむくんでいる状態が続くと、皮膚がわずかに伸びてしまうからです。

 

とくに目元の皮膚はかなり薄くて柔らかいので簡単に伸びてしまいます。

 

顔がむくんでると見た目がブサイクになるだけでなく、たるみも進行させていたんですね!

 

今度から、朝起きて顔がむくんでいる時は冷水と温水を交互にあててすぐにむくみをオフしましょう!

 

 

4. 姿勢の悪さ

 

姿勢が悪い人は、姿勢が良い人と比べて顔がたるみやすくなります。

 

全身の皮膚は1枚の皮でつながっているので、長年猫背でいると顔が下へ下へと引っぱられてしまうんです。

 

猫背になるとすぐ顔がたるむ!というわけではありませんが、長い間猫背でいると顔がたるみやすくなるという事ですね。

 

姿勢がシャキッとしてるほうがキレイに見えますし、姿勢には気を付けたいですね!

 

 

5. 間違ったスキンケア

 

「肌をこする」「マッサージで引っ張る」などの間違ったスキンケアを続けていると、顔のたるみの原因になってしまいます。

 

コットンを強く当てたり、強い力でマッサージするのが当たり前になっている人は要注意!

 

顔の皮膚は想像以上にデリケートなので、優しく優しく扱うようにしましょう^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です