原因

シワの原因は乾燥だけじゃない|3つの原因について解説

 

シワを見つけると「肌が乾燥してるのかな?」と疑ってしまいますが、乾燥以外にも、シワができる原因はたくさんあります。

 

今回は、シワをつくる3つの原因について解説していきます。

 

シワの原因をできるだけ排除してお肌の悩みを減らしましょう^^!

 

 

シワをつくる3つの原因|乾燥だけじゃない!

 

その1 紫外線

 

シワをつくる最大の原因といっても過言ではないのが「紫外線」です。

 

紫外線にあたると「シミができる」とか「肌が黒くなる」というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、紫外線は肌のコラーゲンを壊してしまうので、シワ・たるみの原因もつくってしまいます。

 

紫外線のパワーは絶大なので、肌の深い層にまで届いてコラーゲン繊維を破壊してしまうんです。

 

コラーゲンが減ると肌にハリがなくなってくるので、シワやたるみがどんどん出来てしまいます。

 

「肌の老化の80%は紫外線によるもの」という説もあり、シワ・たるみに悩まないためにも紫外線対策は絶対にしないと!ですね。

 

 

その2 加齢によるコラーゲン減少

 

深いシワができるのは、「肌のコラーゲンが減ったから」です。

 

肌のコラーゲンが減ってスカスカになった肌にシワ・たるみはできてしまうんです。

 

加齢や紫外線、誤ったスキンケアによって肌のコラーゲンは減ってしまいますが、紫外線対策や肌のコラーゲン生成を促すスキンケアをすることで、コラーゲンの減少を防ぐことができます。

 

何もせずにいると、肌のコラーゲンは25歳くらいから減っていく一方です。

 

 

若い頃は肌にコラーゲンがたっぷりあるので密度の高いぷるぷる肌ですが、何もせずにいると肌のコラーゲンが減り、気付けば肌はスカスカのシワシワになってしまうのです。

 

やっぱり、普段のお手入れは大事ですよね。

 

・紫外線対策

・肌のコラーゲン生成を促すスキンケア

 

この2つを続けていくことが大切ですね!

 

 

その3 摩擦・間違ったスキンケア

 

肌をこすったり、コットンを強く当てるなどのスキンケアもシワの原因になります。

 

とくに目元は皮膚がうすいので、コラーゲンも傷つきやすくなっています。

 

目を強くこすったりコットンで強くたたいたり、クリームを塗るときに皮膚を引っ張ったりするとシワ・たるみの原因になってしまいます。

 

良かれと思ってやっているスキンケアのせいでシワを増やさないためにも、摩擦になることは避けて肌を優しく優しく扱うことが大切ですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です